ジフェンヒドラミンは早漏の代用品になる?

一見聞きなれない言葉ですが、ジフェンヒドラミンは日本で売られている市販の医薬品に幅広く配合されている成分です。風邪薬や鼻炎薬に配合されていることが多いジフェンヒドラミンですが、服用することで眠くなるという症状が起きます。この副作用を利用してできたのが、ジフェンヒドラミン配合の睡眠導入剤です。この睡眠導入剤に早漏改善薬として代用品になるのではないかと、ひそかに早漏に悩む男性が利用しているようです。

知ってのとおり日本で売られている医薬品というのは、病院で処方される医薬品よりも効果が出にくくなっています。よって早漏改善薬としての代用品として利用する分には、少し効力が少ないと言わざるを得ません。気分を落ち着ける程度の効力があるかもしれませんが、完全な早漏改善薬をしてはあまり効果がないでしょう。本気で改善薬を希望しているのであれば、病院にいって改善薬を処方して貰うことをおすすめします。

代用品としての効力は小さいですが、射精をコントロールするという過程は間違っていません。病院で処方される早漏改善薬には、性的興奮を抑える物質を促進される成分が含まれています。セロトニンと呼ばれる物質は性的興奮を抑える効果がありますので、その物質を分泌されるように、内服薬で促進することで早漏が改善するといった医薬品です。

医薬品になりますのですべての人に効果があるわけではありません。残念なことに服用しても効果を感じなかったという人もいます。早漏自体がデリケートな症状ですので、そのような改善薬だけではどうしても改善できないことを知ってから服用してください。あまり期待せずにリラックスして服用することで効果が出ることもあります。そのような使い方をおすすめします。

トップページへ