花粉症が起こる原因は強すぎる免疫反応

花粉症は、強すぎるアレルギー反応によって起こります。身体の免疫機能が、花粉を異物と認識し、体内から排除するために、くしゃみや鼻水、涙を引き起こすのです。

もともと、人間の体内には、外から侵入してきた異物を取り除こうとする機能が備わっています。この機能が必要以上に働いてしまうと、アレルギー反応が起こります。

目や鼻を通して、人間の体内に花粉が入ると、免疫システムがそれを異物として認識します。そして、異物を排除するために抗体を作り出します。花粉が体内に入るたびに抗体はつくられ、どんどん蓄積していきます。

抗体が一定の量に達すると、アレルギー反応を起こすヒスタミンなどの科学物質が分泌されるようになります。その結果、くしゃみや鼻水といった症状が起こるのです。これが花粉症のメカニズムです。

今までの花粉シーズンでは何ともなかったのに、急にくしゃみや鼻水が出るようになった、という人もいるでしょう。それは、今まで体内で蓄積されていた花粉の抗体が、一定量を超えてしまったからです。

花粉症になってしまった場合、「ジルテック」などに代表される、アレルギー反応を抑える抗ヒスタミン剤を服用する必要があります。また、レーザー手術がおこなわれる場合もあります。

花粉症の症状は鼻や目だけじゃない!

花粉症はさまざまな症状を引き起こします。主な症状はくしゃみや鼻水です。しかし、実際は鼻や目だけでなく、喉や肌にも症状が出ることがあります。

鼻の症状として、鼻水や鼻づまり、鼻の奥のかゆみ、くしゃみや頭痛があげられます。花粉症が原因の鼻水は、風邪のときとは違い、粘度がなく水っぽいのが特徴です。鼻づまりがひどいと、眠っているときに鼻呼吸ができず、目が覚めてしまうこともあります。

目にはかゆみや充血が起こります。軽症なら少しかゆい程度で済みますが、症状が重いと目が腫れてしまい、涙が止まらなくなることもあります。

喉にかゆみが生じたり、咳がでたりすることもあります。また、人によっては、肌が荒れたり、顔や首、手足にかゆみや発疹が出る場合もあるのです。軽度であれば、かゆいだけで済みますが、重度になると皮膚が赤く腫れあがってしまいます。

こうした症状は、免疫機能が花粉を外に排出しようとして起こります。

花粉症の症状を緩和させる方法として、ジルテックなどの薬や、レーザー手術があります。

ジルテックは用法用量を守って使うこと

ジルテックは、成人の場合、1日に1回、1錠飲みます。1錠に含まれている有効成分は10mgです。就寝前に飲むのがよいとされます。用量は、年齢や症状によって増減しますが、最大でも1日2錠です。

ジルテックを使うときは、用法、用量守ることが重要です。もし飲み忘れた場合は、気がついたときに飲みましょう。ただし、次に飲むタイミングまであまり時間がない場合は、忘れた分を飛ばしましょう。

誤って多く飲んでしまった場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。また、自己判断で薬を飲むのを止めてはいけません。

ジルテックは、服用方法を守ることで効果を発揮します。たくさん飲んでも、少ししか飲まなくても、十分な治療効果が得られなくなるので注意しましょう。

症状が重い場合、薬の量を増やすかどうかは医師が判断します。自己判断で薬の量を増やすと、重い副作用が起こる恐れがあります。

薬の効果があらわれない場合は、自己判断せず、医師と相談しましょう。

ジルテックは保険適用で1錠90円程度

ジルテックの価格は、入手方法によって変わります。

病院で処方を受ける場合、1錠あたりの値段は92.2円です。一方、市販薬は1錠あたりおよそ130円かかります。処方薬は保険が適用されるため、費用が安くなるのです。

処方でもらった薬と市販の薬では、40円ほどの差があり、薬を飲む期間が長いほど、治療費の差が大きくなります。病院で処方を受けた方が、金銭的負担は軽くなるでしょう。

また、ジルテックにはジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品の場合、1錠あたりの価格はおよそ50円です。治療費を抑えたい人は、処方を受ける際に、ジェネリック医薬品を希望するとよいでしょう。

ジルテックのジェネリック医薬品は、薬の通販サイト(個人輸入)を利用すれば、インターネットで購入できます。ジルテック以外にもED治療薬で有名なバイアグラのジェネリックカマグラも通販できます。