ジルテックの副作用について

花粉症では、ジルテックが有効です。ジルテックは、病院やクリニックで処方されます。
ジルテックは市販の花粉症よりも効き目が高いです。

また、ジルテックは副作用が少ない薬とされています。

薬剤師の指示通りに服用していれば眠気などに襲われることも少ないです。

しかし、体質に合わない場合や体調を悪くした場合は医者や薬剤師に相談しましょう。

ジルテックの主な副作用は、頭痛です。また、頭がぼーっとする場合もあります。

頭痛の場合は単なる体調不良の疑いもあります。

疲労や精神的なストレスが原因の可能性もあるので、一度服用を中止して様子を見ましょう。

頭がボーっとする症状は、抗花粉症薬の副作用としては多いです。

車の運転前などは事故の危険もあるので、服用は控えたほうが良いでしょう。

また、吐き気などの症状が出た場合は薬が合っていない可能性があります。病院に行き、薬を替えてもらいましょう。

ジルテックとの飲み合わせに注意する医薬品

ジルテックは、中枢神経の抑制作用を増強します。

したがって、中枢神経系に影響を与える医薬品との併用は禁止されているのです。

また、中枢神経抑制剤はアルコールと一緒に飲むのも禁忌とされています。

ジルテックは、テオフィリンやリトナビルとの併用も危険です。

併用することで、腎臓の機能に悪影響を与えます。

ジルテックの重大な副作用としてはアナフィラキシーショックです。

アナフィラキシーショックは、スズメ蜂に刺されることで引き起こることで有名です。

医薬品の危険な飲み合わせでも起こる可能性があります。

アナフィラキシーショックは、全身に蕁麻疹、呼吸器系の異常などが見られます。血圧まで下がってしまうと、生命の危険があるのです。

すぐに救急車を呼びましょう。

このように、ジルテックとの飲み合わせに注意しなくてはいけない医薬品は存在します。

服用するときは、飲み合わせのこともしっかりと意識しましょう。

カテゴリー: 未分類