自分にあった治療法で花粉症を治療する:抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬であるジルテックで、花粉症の改善が可能です。

ジルテックは、鼻水やくしゃみの症状の緩和を目的として服用します。

しかし、副作用として眠気を感じることがあるという特徴があるので注意しなければなりません。

仕事前や乗り物の運転前には、服用を控えたほうがよいです。

ジルテックは、花粉による皮膚のかゆみなどが緩和します。

ジルテックの持続時間は、半日から1日です。

人によって効果も違い、慣れてしまうと効果が薄くなります。

また、服用すれば必ず同じような効果を期待することができるというわけではありません。

その日の体調によっても効果は変わってくるので、その点も留意して服用しましょう。

自分にあった治療法で花粉症を治療する:抗アレルギー薬

抗アレルギー薬でもあるジルテックを使って、花粉症の予防が可能です。

花粉症が発症する前に、ジルテックを服用するのです。

花粉症が発症してからでも服用することによって、症状の緩和を狙うことも可能です。

しかし、症状が重い人は、一度花粉症が発症してしまうと、なかなか症状の緩和が難しい場合も多いです。

花粉症の症状が重い場合は、あらかじめジルテックを服用することで、花粉症を予防しましょう。

ジルテックをあらかじめ服用しておけば、重症化は免れます。

予防をしたからといって、花粉症を完全に防げるわけではありません。

重症化する人は、くしゃみがひどく何もできなくなってしまったり、呼吸困難になる場合もあります。

そういった重症化を防ぐためにも、ジルテックでの予防は大切です。

花粉症の重さによって、ジルテックの効き目にも個人差があります。

自身の症状を考え、予防も含めた飲み方を検討してみましょう。

カテゴリー: 未分類